仕事の効率化は正のスパイラル!合理化による時間の錬金術

ツールだけが効率化じゃない?仕事を合理的に進めるコツとは

時間はお金に変えがたい!合理的に仕事をこなそう!

仕事の効率化を図るのにすぐに手段を調べてアクションを起こそうとしていませんか? しかしそこで適切でないアクションをとってしまってはいくら行動しても問題は解決しません 問題の性質によって取るべくアクションは異なります。 一度立ち止まって、まずは何が問題なのを見極めなくてはならないのです。

効率化の8割は問題定義が肝心!

働き方改革の実施により、残業への視線はどんどん厳しいものになってきています。
それに加えて、新型コロナウィルス のパンデミックで出社できない方もいるでしょう。
リモートワークでは個人の1日ごとのアウトプット量が明白になりますので、人によっては仕事効率が悪いという辛い現実に直面する事もあります。

一昔前であれば、能力不足を稼働時間でカバーする事も可能でした。
日本では比較的努力する姿勢を評価してもらえる環境があったのです。
能力が低くても低いなりに時間をかけてタスクを達成していれば、それなりの評価を得ることができました。
しかし、今はもう精神論や努力論を評価する時代は終わりつつあります。
効率的に仕事を行って、限られた時間のなかで業務を終わらせなくては評価を得ることができません。
個人でも職場でも合理的な仕事の進め方を実践することが必要不可欠なのです。

効率よく仕事をすることで得られるものはたくさんあります。
まず仕事を早くこなせるので社内の評価を得ることができます。
また周りよりも業務を早くこなせれば、それだけ別の仕事を任せてもらえる可能性が上がるので、責任ある仕事を得られるかもしれません。
仕事を早く終わらせることでできた時間を使って、さらなる効率化のための勉強をすればもっと仕事を早くこなせるようなるでしょう。
一度仕事の効率化に成功すれば、新しい仕事やスキルアップの時間を作れるので、更に評価が上がる。
いわゆる正のスパイラルを作ることができるのです。
これからの人生に必要な効率化に対する考え方を持っておきましょう!

具体的にはどんなことをすればいいの?効率化アクションプラン

問題がわかったら早速行動を起こしましょう。 ここでは個人でできる効率化とチームでできる効率化に分けて紹介していきます。 個人でできる効率化はシンプルに仕事の作業スピードを上げることが求められます。 一方チームでの効率化ではそう単純にことは進みません。 チームを動かす為にはまずは自分の仕事を変えましょう。

職場を変えるならまずは職場に認められよう

効率化は言うまでもなくチームで試みる方が難易度が高いです。 人は恒常性を好む生き物ですから、効率化を図ろうとすると確実に反対する人が出てきます。 職場を変えたいならまずは自分の能力を認めてもらいましょう。 職場改善に必要な根回しの方法を知っておきましょう。

TOPへ戻る